みなさんこんにちわharuです。

 

突然あたたくなったので頭が痛いです。

低気圧より高気圧の方が弱いんですよねー。

 

うん。どうでもいいですね。

 

さて今日のテーマは「3月中にやっておいたほうがよいこと」です。

 

久しぶりに具体的なお話ですが、8月本試験にむけて5月GWは勉強の1つの山場になります。

 

今年のGWは飛び石連休ですが、逆にいうと一日も土日とかぶりませんので、1週間のうち5日間も休み。本気を出せば10連休まであり得るという驚異的な連休です。

 

土日祝日とか関係ない職種の方は覚悟しなくてはいけません。

ここで、連休組はぐっと実力を上げてきます。

 

というわけで、GWに何をやるかというのはとても重要になってきます。

 

もちろんご家族がいらっしゃる方は、全てを勉強に充てるというのは難しいでしょうし、独身の方でもさすがにちょっとくらい遊びたいと考えますよね?

 

つまり、場当たり的に3月、4月を過ごしてしまうと「こんなはずじゃなかった」というGWを過ごすことになります。

 

〇やることリストを作ろう!

 

ですので、3月中にGWのやることリストを作りましょう。

いっそのこと旅行に行くんだ!と決めてしまうこともありです。そのためには、3月中に予約もしてしまいましょう。そして家族には「旅行には行く、但し土日だけは勉強させてくれ!」と頼む。

 

ちなみに私は、妻と1日だけフェスに行きました。

 

また勉強の目標も決めてしまいましょう。

GW中に全科目の問題集を解く。過去問を使って1人模試を行う。などなど

 

それが決まると3月、4月までにやらなくてはならない事が明確になります。

 

GWにマイルストンを置いて「7科目合計 280点」をとれるところまで持っていきましょう。これは平均点40点 つまり足切ぎりぎりの得点ということです。

 

現時点で先の話ですが、一般的な目安として、

 

7月に行われる「模試」で420点を取る

 

8月本試験までに、450~500点の実力を養成できるとよいと思います。

 

様々なサイトで「模試は模試ではなく本番としてうけるべし」という言葉が6月以降に並んできます。

 

私もこれには同感です。

というのは「どうせあと一ヶ月時間がある」という気持ちで模試を受けても本番の練習にならないからです。

 

本番は緊張します。なぜなら誰もが受かりに来ているからです。

欲があるから緊張します。

 

模試も「実力を計測しにきた」というモチベーションでは、本番のメンタリティと大きく異なり、模試のパフォーマンスが落ちます。

 

模試で420点以上とって本番への自信につなげる

 

これを目指してください。

 

目指した挙句模試の点数は350点だったわけですが。。。

 

その話はまたいずれ

 

皆様おはようございます。haruです。現在カフェでブログを更新中です。うわーリア充みたいだー

 

なぜカフェに来ているかというと、「家ではだれるから」です。

 

今日は土曜日(独立組にはあまり実感ないですが)、そして天気の良い朝、布団がそこにあれば、呼吸をするのと同じ勢いで寝てしまいます。

 

それを振り切り机に向かうには、かなりの精神力が必要とされます。書斎とか家にあるセレブの方はともかく、リビングやキッチンで仕事をしようと思うと、ネットサーフィンやら、テレビを見てしまいます。

 

そう、だれます。

 

しかしパソコンをカタカタやるには図書館はあまりにも迷惑です。

そこでカフェと相成るわけです。田舎町のカフェしかも朝は空いていて快適です。

 

さて本日のお題は「とにかく見込み顧客に会いに行くこと」です。

 

営業出身のharuとしては、至極当然のことだと思うのですが、割と駆け出し診断士でこれに対して、「そんな非効率なことやってられないよ。」というネガティブな意見が多いです。

 

ですが、ですがです。

 

我々駆け出しの診断士は実績があまりありません。HP作って自宅で待っていても紹介など来ません。

 

私も先輩診断士の方や、師匠から仕事を紹介されることは多々ありますが、それは「少しでも実績があるから」です。

 

では、どうやって実績をつけるの?

 

少しでも知り合いの社長や個人事業主の方がいたらとにかく会いに行くことだと思っています。

 

いきなりコンサルティングをやるなどおこがましいです。

 

私の場合、師匠についてコンサルタントの現場に行く→コンサルタント技法を学ぶ→知り合いの個人事業主に試す

 

という流れをぐるぐる回しています。

 

そんなことをやっていると、とにかく毎日忙しくなります。

忙しいのにお金が入らない貧乏暇なし状態です。

 

しかし不思議なもので、毎日忙しく飛び回っている私を「売れっ子である」と勘違いされることが出てきて、「仕事の紹介」が舞い込んできます。

 

謎です。

 

忙しい人の方が、仕事が頼まれやすいという都市伝説はやはりそれなりに本当らしいです。

 

もちろんセルフ忙しいではあまり意味がありません。

 

先輩診断士や師匠に対してもどれだけこちらから情報提供ができるかがポイントです。

 

例えば、私は仕事がどうか別にして、たくさんの個人事業主の方や社長にお会いしています。

 

先輩「ペット関連で強い会社ないかなー?情報ほしいんだよね」

 

私 「はい。知り合いがペットトリマーとかペットホテルやってます。」

 

先輩「おぉ。いいね手伝ってよ!」

 

 

 

師匠「突然来週セミナーが入って、撮影班手配しなきゃならないんだけど、こんなぎりぎりじゃなぁ。。。」

 

私 「先週会った映像会社の社長が、暇でしょうがないからharu仕事紹介してよといってました。聞いてみます」

 

師匠「おぉ。じゃあセミナーのアシスタントやってよ」

 

 

などなどです。

 

私はとにかく人に会いまくることは、絶対に無駄ではないと思っています。

 

何かの参考になれば幸いです。

寒河江ダム

2018/12/20

10/26、山形県西川町、寒河江ダムに行ってきました。
7回目。(→1,2,3,4,5,6)


f:id:kazu_ma634:20150211215816j:image:w400
寒河江ダムを正面から撮ると小高い山が中央に来るため、あまりダムを撮った気はしない。
でも、紅葉はきれいだ。


f:id:kazu_ma634:20150211215817j:image:w400
ダムを後ろから。


f:id:kazu_ma634:20150211220409j:image:w400
ダム湖、月山湖

MOON CHILD ベストアルバムの曲目判明。CLIPS-2 は200名限定だってぇ!?

25日に、FRESH CREAM のアルバムを、ようやっと予約。って、予約分はもう発送とかしてるのかなぁ? 別にシリアルナンバーにはこだわらないけど、中身がどんなんだか、楽しみ!

27日、Pacific Heaven Club Band のライブに行ってきました。谷村有美さん目当てだったけど、非常に楽しいライブでした。根本要さんの「渡良瀬橋」に感涙。(T_T)

そういえば、ここに書いたように、仕事のページに毎日更新予定の日記がスタートしました。文章をよく練って書いてるわけではないので非常にだらだらとしてますが、これで私の日常の仕事っぷりも見える、かも!?

今日は、ポケモンの映画を見て、私の夏休みも終りました…。あぁ、楽しかった(2日間だったけど)。

河口湖3日目

2018/07/06

今日も7:30入り 富士山は2日前よりあきらかに雪が増えてる 本日の昼弁当は・・・やっぱり同じ 当然夜も全く同じ とりあえずイベントは無事終了 帰り道の温度計見たら8℃でした

miscellaneous

本当にデフレ脱却できるの?

f:id:ninosan:20160917064624p:plain

ハースストーンに興味

アプリが1GBもあるので松下のMVNOだと順調にいって3時間DLしっぱなしになってしまう。そこで公衆WiFiを使えば45分くらい(3Mbpsで)で終わると計算し、今日街中でDLしようと思う。全くプレイしたことないので雰囲気だけでも味わいたいというところだが、評判を見ると対戦相手の煽りがひどいと不満が散見している。大丈夫だろうか……。

ここに来てクラロワバランス調整

あれから1試合もしてない。レイジが猛烈にパワーアップするのでこれから反射神経ゲームになりそうである。加えてミラーもパワーアップするので突然ガゴ群+レイジを出した場合の結果が激しく揺れることになる。例えばガゴ群+レイジで矢を撃たれてももう1回ガゴ群出すと反応できなければ即大ダメージである。まあエリクサー13使うわけだがペッカ三銃士が16使うことを考えると案外リーズナブルではないか。もっとも自身は引退したので高みの見物だが……。繰り返しになるがかなり反射神経ゲームに舵を切ったなあという印象が強い。

疲れのせいだろうか。コメントを書き忘れていた 汗

久しぶりの撮り散らかし。下田の街。

 

f:id:hibi-mae:20170223172604j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170223172630j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170223180056j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170223180127j:plain

 

f:id:hibi-mae:20170223180116j:plain

自分を生きていれば、
他人との間に境界線がひけるようになります
境界線のないことは、
愛情でも信頼でもない、
ただの依存
 
自分が自分であるように、
他人は他人
ここが守れていれば、
支配することも、
自分を明け渡すこともありません
 
自他の輪郭を意識すること、
とっても大切なのです
 
 
 
人はみんな、
それぞれの正しさを生きています
何かが間違いである必要はなくて、
みんな正しい
自分を間違っていると考える必要もない
わたしはそれでいいと思ってます
 
でも困っちゃう人もいるんですよね
それ一色になって、
何も見えなくなる人
他人の価値観を間違いにしてしまう人
 
そういう人は、
人生を明け渡していて、
自分の現実を生きていない
だから他人を支配して、
自分の不在を埋めようとする
 
 
 
誰にも支配されるいわれなんて、
ありゃしません
環境はその人の言動で作られていくから、
そんな人はいずれ自滅する
だから一番いいのは放置することだけど
 
自分を見失ってる人、
価値観の不確かな人は、
こういう人に惑わされやすいみたい
与えられるものに依存して、
簡単にコントロールされてしまうから
 
支配して自分を満たそうとする人と、
支配されて安心したい人
与える側と与えられる側の共依存
 
ここにお金がからめば、
現実的な被害が出てしまう
過ぎた依存は毒でしかなくて、
親子なら価値観が歪んでしまう
これはやっぱりマズいと思うのです
 
 
 
自分と他人は違います
誰かを支配することに自分を見いだす
安心がほしくて、
他人との境界線を取り払ってしまう
自分を明け渡してしまう
これは愛情でもなければ、
信頼でもない
ただの依存です
 
決断を自分で下して、
人生を自分の選択で生きているなら、
現実はどんなものでも構わないのです
借り物の人生なんて、
わたしはイヤ
一度しかない大切な命を
他人任せなんかにはしたくない
 
自分を大切にして、
身近な人も大切にするために
自分の輪郭を意識することは、
大切なのだと思います
 

前回の記事でも書いたように女性のエンジニアの少なさは、半端ないです。

 
会社50人くらいのたったの2名です。他のソシャゲーの会社も聞いたら女性エンジニアがいればいい方でした。
 
システム屋もそりゃ少なかったですが、それでも2、3割はいましたからね。
 
まぁそうは言ってもデザイナーやプランナーで女性がいる分システム屋と変わらない比率にはなりますが、それでもやっぱり少ないです。
 
二十歳くらいの時は話せる女性が周りにいなくて寂しい思いもしましたが、10年も続けると男性だけという環境は案外楽だったりもします。
 

女の関係って色々あるのです。トイレ事務の女の人達が、化粧直ししながらいろいろ色々言っているのを遠目でみる。

たまに女の友達とあっても女子的会話についていけないくらい、女子を忘れる。

いやー、なんでしょう。IT業界の人って女性をちやほやするとかないんですよね。いい意味でも悪い意味でも性別を気にしてないみたいな。

仕事的にもかなりハードだし、土日いつ出社しなきゃわからんから気軽に予定もいれられないし、とりあえずハード。

女性からしなくてもハードな訳です。

そんな業界から逃げ出したいと思った事なんで2度や3度じゃないです。

楽しいと思える事も少ないし。あるとしたら複雑なロジックが一発で通った時とかですね。ありゃアドレナリンでます。自分天才とか思います。

まぁそんなでもなんとかつづけていれば続けてきたプログラマ。

女性が少ないどころか女性を忘れてしまうくらいな環境って事です。
 
まぁ想像してください。女9割の中で作業する事意味を!そんな感じです。
 
性別の壁なんてずっと前に飛び越えているけどね。
 
業界自体がクレイジーだもの!

Beer

2018/07/03

今日は嫁の買い物に付き合わされ外出。って言うか?財布として連れて行かれた感満載です。3時間くらい付き合わされることを覚悟して行きましたが、まさかの30分で終了。ヨガまで3時間以上空いてしまったのでブラブラ。と、ビール好きが見てはいけない光景が。

f:id:kiyommykiyommy51:20161016185014j:image

 何とオクトーバーフェスト。すげ〜⁉️みんな美味そうにの飲んでるぜ。即入場決定。入場料¥300 購入は現金のみ、二人合わせた所持金は¥2,500 。これでは楽しめません。がしかし、都合良くATMがあり、結局嫁の奢りで5杯。遠野のピルスナーは美味かった。他は小カップ4ハイ¥1,000で飲み比べ。これはボチボチ。あっという間に飲み終えて2時間休憩後、お腹引き締めにヨガ1時間。

充実した 週末になりました。