ほうれい線が目立ってくる理由とは? 詳細はコチラ

ほうれい線は赤ちゃんにもあります

ほうれい線は、大人になって目立ってくるものではありますが、実は、生まれたばかりの赤ちゃんのときでも、すでに存在しています。

そのときに、ほうれい線に気がつかないのは、肌にハリがあったり、潤いなどが十分にありますから、クッキリとしたシワのようにほうれい線が出来ることがないという理由があるのです。

また、年齢が若いと、紫外線などの外的要因、ビタミンなどの肌に必要な成分が不足するという内的要因によるダメージが少ないことも、ほうれい線が見えにくいという理由になります。

30代後半からほうれい線が目立ち始める

ほうれい線が目立ち始める年齢は、一般的に30代後半からが多くなっています。

お肌の曲がり角は25歳と言われますが、実際の変化として現れるのには時間が掛ります。
ただし、これにも個人差がありますので、早い方ですと20代前半から、ほうれい線が目立ち始める方もいます。

そのため、ほうれい線に対してのケアを始めるのなら早い方が良いと言うことがあります。極端な例では、高校生のうちから、ほうれい線に悩むケースもあるほどです。

マッサージを活用したり、保湿などを行っていくことが大事になります。

ほうれい線には3タイプあります

年齢を重ねると目立つようになるほうれい線ですが、原因が3つあります

  1. 表情筋の衰えから来るもの
  2. 肌そのものの老化によってくるもの
  3. 1と2両方を合せたもの
表情筋の衰えから来るもの

表情筋は、あまり表情を出さないと衰え始めます。
年齢が上がってくると、あまり表情豊かではなくなることがあり、この筋肉の老化が出てきます。

肌そのものの老化によってくるもの

加齢によって肌の新陳代謝が衰え始めます。

ターンオーバーが円滑に行かないとシワのもとになり、ほうれい線を目立たせます。また、潤いやハリを保つ成分であるコラーゲン・ヒアルロン酸の不足によっても起こります。

紫外線の刺激が蓄積することで、肌を酸化させていることも、ほうれい線を悪化させます。

ほうれい線を消すマッサージ

やり方
  1. 口の中に両方の人差指を入れて下から上へ向け口内筋をマッサージ
  2. 口をすぼめたり、頬を膨らませて、頬の筋肉を使う
  3. リラックスしながら頬を外側からつまんで、下から上へと、ほぐしていく
  4. マッサージが終了したら、十分に保湿をして潤いをキープする