編集さんや当人が読むかもしれないと思うと、

ツッコミ的感想ではなく、

誉めまくり感想を送ってしまった自分をふりかえって

自分にも良心てものがあってよかったなと思いました。

 

いやそんだけです。