私生活がバタバタしててなかなか更新出来てませんが、

久しぶりにキラーチューンを一曲。

 

今夜はメロデスを。

アーチエネミーです。

日本ではアークエネミーと呼ぶ人の方が多いのかしら?

 

今年、脱退してしまいましたが、「Ravenous」はアンジェラ・ゴソウが

歌ってます。

脱退後は、アーチエネミーのマネージャーとして活動しているそうです。

 

予備知識なしにアンジェラのデス声を聴いたら、

女性と思う人はまず居ないでしょう。

女性でこれほどパワフルにデス声を出せる人もそう多くはないと思います。

 

えっと、「Ravenous」は4thアルバム「Wages of Sin」からの曲です。

このアルバムから前任のヨハン・リーヴァからアンジェラ・ゴソウに代わってます。

 

この曲は泣きのギターが絡む所がもう最高にツボりました。

それと、ソロの始まりが鳥肌もの。

「Enemy Within」より私は好きです。

どっちも甲乙つけ難いナンバーだけど。

 

アンジェラの良さは「Enemy Within」の方が出てると思う。

そして、人気があるのもコッチね。

でも、ギターリフは「Ravenous」かなぁ。

「Wages of Sin」では。

 

アモット兄弟のメロディーメーカーぶりにはホント脱帽です。

日本人の好きな音をよく心得てるようで。

 

デス声に拒否反応を見せてた頃は、「アーチエネミーなんでデス声なの」

と少し残念な気持ちにさせられたけど、今はもう慣れましたww

聴き込むと慣れるものデスね。

 

Ravenousの視聴