神戸市は1日、住民参加型の5年物神戸市債(こうべ市民債)の発行条件を表面利率0.16%、発行価格100円に決めた。発行額は14億円。応募者利回りは0.16%で、こうべ市民債として前回発行した2014年12月債の0.15%に比べ0.01%上昇した。

 発行額は14億円で、前回債よりも1億円少ない。応募者利回りの上昇は、国際相場の変動の影響を受けたとみられる。調達した資金は教育施設の整備などに充てる。

 10万円以上10万円単位で購入でき、みなと銀行や野村証券など金融機関14社の支店窓口で15日まで取り扱う。こうべ市民債は年2回、毎年6月と12月に発行している。